宝徳寺が縁者の代わりとして、故人を永代にわたり供養いたします。

永代供養料以外、その他費用は一切かかりません。
仏教徒に限りますが宗旨宗派は問いません。
お檀家になるものではありません。

出来る限り施主家の希望にそうようにしたいと 思います。
遠慮無くお問い合わせ下さい。
永代供養墓において春秋お彼岸とお盆に読経供養いたします。
また永代供養墓過去帳位牌に戒名・俗名・没年月日・行年を記入の上、位牌堂にお祀りしご供養いたします。

Loading 一括資料請求リストに追加

基本情報

お墓のポイント

生前予約
分骨
お墓の形
場所
所在地 群馬県桐生市川内町5-1608
立地
周辺スポット
料金 100,000 100,000
電話番号 050-3754-1902
最寄駅 東武桐生線「赤城駅」よりタクシー8分
最寄IC 北関道「太田桐生I.C.」より約30分
運営主体 宗教法人 宝徳寺
特長   

料金

10万円のみ

永代供養料以外、その他費用は一切かかりません。
成年後見人等福祉関係者の方はご相談下さい。

項目 金額 備考
永代供養費 100,000円 一霊のみの場合
先祖永代供養費 200,000円 二霊以上の場合
Loading 一括資料請求リストに追加

お寺について

桐生地域の領主が開基の名刹。

宝徳寺は臨済宗大本山建長寺第73世仏印大光禅師を開山として、桐生地域の領主であった、桐生佐野正綱公の開基により室町時代の宝徳年間(1450年頃)に創建された禅寺です。 当山の場所は桐生城(柄杓山城)の裏側に位置し、名久木の砦の入口を見渡す所にあります。これは城の裏口を護るための要害としてこの場所を選び建てられました。天正元年に桐生佐野家が太田の由良家に滅ぼされると、当山は保護者を失い荒廃してしまいました。しかし地域の人々の力により、再び隆盛となり江戸中期には当山17世の天渓和尚が大本山建長寺186代管長を務めました。また明治初年には大間々第一分校(現桐生市立川内北小学校)が当山において開校されました。

交通アクセス

住所 群馬県桐生市川内町5-1608
電車 -東武鉄道:浅草→赤城駅相老(東武線特急りょうもう号で1時間55分)赤城駅よりタクシーにて8分
-JR両毛線「桐生駅」北口→川内線「川内北小学校前」下車徒歩3分
 高崎→桐生(JR両毛線普通で45分)
 小山→桐生(JR両毛線普通で55分)
-北関道「太田桐生I.C.」より約30分
-北関道「伊勢崎I.C.」より約30分

Webお問い合わせフォーム