永代供養墓に「お骨」を安置する方法には、大きく「個別に安置する方法(個別安置型)」と「まとめて安置する方法(集合安置型)」2つがあります。

個別に安置する方法(個別安置型

棚、ロッカーなどで各「骨壷」が間仕切りで分けられ、個別に安置されます。
この場合、故人の「骨壷」の前で、個別にお参りできます。

まとめて安置する方法(集合安置型

棚、カロートなどで、各「骨壷」が間仕切りで分けられていないく、まとめて安置されます。
この場合、故人の「骨壷」の前で、個別にお参りできません。

個別に安置しない

「骨壷」が間仕切りで分けられていないく、まとめて安置されます。
「骨壷」の前で、個別にお参りできません。。

集合安置型
個別に安置する

「骨壷」が間仕切りで分けられ、個別に安置されます。
「骨壷」の前で、個別にお参りできます。

個別安置型